「勤務先でのMAツール導入率は44.1%」|マーケティングオートメーションの導入・利用状況調査結果

マーケティング支援事業を展開する株式会社SEデザインは、マーケティングオートメーション(以下MA)の導入・利用状況に関してのアンケート調査レポート「MAツール導入に関するアンケート調査報告書」を発表した。

調査結果として、認識されているマーケティング課題は「人材確保」「戦略設計」「他部門連携」の3点であることがわかった。勤務先でのMAツール導入率は44.1%。人材不足との関係もあるのか「業務の効率化」を目的とした導入が多いことや、使いやすさを重視して導入しているにもかかわらず、使い方への不満が大きいことなども判明。

調査概要:MAツールについての調査
調査期間:2022年6月3日(金)~2022年6月7日(火)
調査方法:インターネット調査
調査対象:以下条件にて対象者を抽出
 1)20-69歳男女
 2)会社員、会社経営・役員
 3)職種:マーケティング系

「Q1.あなたが関与しているマーケティング業務において課題となっていることを全てお知らせください(複数回答)」と質問したところ、上位回答は「人材の確保」「セールスや他部門との連携」で50%を超え、さらに「戦略設計」「ノウハウの蓄積」が40%以上という結果となった。

「Q4.あなたの勤務先ではMA(マーケティングオートメーション)ツールを利用していますか(単一回答)」と質問したところ、「勤務先で導入していて、自分も利用している」と回答したのは全体の24.3%で、勤務先での導入率は44.1%という結果となった。

MAツール利用者に対して「Q7.MAツール導入時に重視した判断材料としてあてはまるものを全てお知らせください (複数回答)」と質問したところ、「使いやすさ」「費用」「機能の豊富さ」の3項目に回答が集中する結果となった。

レポート全文は下記より確認いただけます。

MAツール導入に関するアンケート調査報告書

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次