BracketsでのPHPランタイムエラーの対処法

Brackets」でPHPファイル開いた際に「PHPランタイムが見つかりません。…」というエラーが発生することがあります。本記事ではこのPHPランタイムエラーの対処方法(Windows版)について紹介します。

目次

エラー

PHPランタイムが見つかりません。PHPランタイムをインストールして、PHPの環境設定で適切に”executablePath”を更新してください。これにより、コードヒント、パラメータ、定義にジャンプなどのPHP関連のツールが有効になります。

対処方法

上記のエラーメッセージの【環境設定を開く】をクリックすると、【brackets.json】ファイルが開きます。

以下のコードをbrackets.jsonファイルに張り付けます。

"php":{
"executablePath": "C:\\php-7.4.13\\php.exe",
}

“executablePath”の部分は自身の環境に合わせて書き換えます。
ファイルパスを記載時は\は1個ではなく2個続けて記載する必要があります。

ファイルパスが誤っていると下記のようなエラーが発生します。

補足

PHPの準備ができていない場合は下記の公式サイトより、最新のPHPをダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは解凍後、C:の直下に設置します。

▼PHP公式サイト-ダウンロードページ
https://www.php.net/downloads.php

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次