【Adobe】期間限定SALE​​ 最大38%OFF!12/2(金)まで今すぐチェック

キャッシュを1クリックで削除できるChrome拡張機能「Clear Cache」

1クリックで「Google Chrome」のキャッシュを削除できる拡張機能「Clear Cache」がWeb制作をする上で非常に便利です。
ツールバーの拡張機能ボタンをクリックするだけキャッシュを瞬時に削除することが可能です。
特にWeb系の作業をしていると過去のキャッシュが残っているために「CSSを変更したのに反映されていない」、「画像を変更したのに古いままになっている」なんてこともあり、そういった場合に重宝します。

通常はブラウザの設定から閲覧履歴の削除機能を利用してキャッシュを削除するか、ショートカットキーを利用してクリアしますが、この拡張機能ではキャッシュの削除後にアクティブなタブを自動でリロードしてくれる機能も搭載しています。

目次

「Clear Cache」の追加方法

Google Chrome」は以下のリンク先から追加できます。
リンク先の【chromeに追加】をクリックすれば、chromeに追加されます。

自動リロードの設定方法

オプションの設定画面にて「Automatically reload active tab after clearing data」にチェックを入れます。
ここでは、データを消去後にアクティブなタブをリロードするかどうか設定することができます。チェックを入れることで、自動的にリロードされます。

削除対象となるデータや期間の設定方法

「Clear Cache」ではキャッシュだけでなく、アプリケーションのキャッシュ、Cookie、閲覧履歴、ダウンロード履歴、自動入力フォームなどのデータも同時に削除したり、削除対象となる期間を変更することも可能です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次