【Adobe】期間限定SALE​​ 最大38%OFF!12/2(金)まで今すぐチェック

Contact Form 7でreCAPTCHA(v3)を設定する

WordPress(ワードプレス)のContact Form 7(コンタクトフォーム)を利用時のスパムメール対策として、Googleのサービス「reCAPTCHA(v3)」を導入方法をご紹介します。

Contact Form 7 の reCAPTCHA インテグレーションモジュールを使用することで、スパムボットによる送信を遮断できます。

目次

reCAPTCHA(v3)のAPIキー取得方法

GoogleのreCAPTCHA(v3)ページにアクセスします。

v3 Admin Console」ボタンをクリックします。ログインしていない場合は、ログイン画面が表示されるのでGoogleにログインしてください。

登録画面が表示されるので必要項目を入力します。導入したいサイトのドメインを記入し、reCAPTCHA v3を選択して送信ボタンをクリックします。

登録が完了するとサイトキー (site key) とシークレットキー (secret key) が発行され取得できるようになります。
両方利用するため、コピーしてメモ帳などに控えておきましょう。

Contact Form 7へのreCAPTCHA(v3)実装

Contact Form 7にreCAPTCHA(v3)を実装していきます。
WordPressの管理画面に移動して、左メニューから「お問い合わせ」→「インテグレーション」をクリックして設定ページへ移動します。

reCAPTCHA というタイトルが見つかりますので、「インテグレーションのセットアップ」ボタンをクリックします。

サイトキーとシークレットキーの入力項目が表示されますので、取得した2つのキーをペーストして、「変更を保存」ボタンをクリックします。

以上で、reCAPTCHA(v3)の実装は完了となります。
サイト右下に下記のマークが表示されていれば設定は正常に完了しています。

これによりフォーム送信がスパムボットからのものか判別することができるようになります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次