【Adobe】期間限定SALE​​ 最大38%OFF!12/2(金)まで今すぐチェック

GIMP 波線(省略線)を描く方法【使い方】

使用する場面が意外と多い「波線(省略線)」ですが、GIMP(ギンプ)で簡単に作ることが可能です。
本記事ではGIMP(ギンプ)を使った「波線(省略線)」の簡単な描き方を解説していきます。
※本記事ではGIMP(ギンプ)2.10.24を使用しています。

目次

レイヤーを作成する

波線(省略線)を描く専用のレイヤーを作成します。

短径選択ツールで1本の線を描く

ツールボックスから「矩形選択」を選択します。

波線(省略線)を描く位置を選択範囲にします。
この時、波線の長さや太さに合わせて選択範囲を指定します。

ツールボックスから「塗りつぶし」を選択し、選択範囲を塗りつぶします。

選択範囲を解除します。

フィルターの変形で波線にする

描いたレイヤーを選択した状態で、【フィルター】→【変形】→【波紋】を選択します。

ダイアログが表示されるので、「Period(周期)」を調整して波線を調整します。
※ダイアログ画面下部の「プレビュー」をONにすることで適用後のイメージを見ながら調整できます。

調整完了後は【OK】ボタンをクリックすると変形が適用されます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次