Inkscape(インクスケープ)画像のトリミング(切り抜き)方法【使い方】

本記事ではInkscapeを使って画像をトリミングする方法を解説していきます。
InkscapeはIllustratorと同様にベクタ形式のソフトウェアで、複数の点を結んだ線や曲線(カーブ)扱うことに特化しているため、円や多角形などの線で囲まれた範囲を切り抜くのに最適です。

目次

四角や円で指定した範囲を切り抜く(トリミング)

Inkscapeでトリミングを行いたい画像を開きます。の【ファイル】を選択しての【インポート】で画像を読み込むか、ファイルを直接、Inkscapeの画面にドラッグ&ドロップします。

画像のインポート設定画面が表示されるので、【OK】ボタンをクリックします。

切り抜きたい形で範囲指定するための【矩形ツール】【円/弧ツール】【星形ツール】などを選択します。

選択したツールで図形を描きます。ここでは【矩形ツール】で四角形を描きます。
選択したい範囲の始点から終点に向かって、ドラッグ&ドロップします。

の【選択ツール】に切り替えて、切り抜き対象の画像と描いた四角形の順にオブジェクトを選択します。
の画像を選択後、【Shift】キーを押しながら描いた四角形のオブジェクトをクリックすることで、複数選択が可能です。

上部のメニューバーから、の【オブジェクト】をクリックして、の【クリップ-クリップを設定】をクリックします。以下のように四角形でトリミングされます。

パスで指定した範囲を切り抜く(トリミング)

Inkscapeでトリミングを行いたい画像を開きます。の【ファイル】を選択しての【インポート】で画像を読み込むか、ファイルを直接、Inkscapeの画面にドラッグ&ドロップします。

画像のインポート設定画面が表示されるので、【OK】ボタンをクリックします。

切り抜きたい形でパスで範囲指定するため、上部メニューのの【パス】からの【ビットマップのトレース】を選択します。

表示された設定画面でのエリアの各項目を調整して、切り抜きたい領域が黒色になるように調整します。
の【適用】ボタンをクリックし、設定画面を閉じます。

黒色に塗りつぶされたの部分を【選択ツール】を選択した状態でダブルクリックします。

黒色だった部分の縁がパスに変換されます。この状態ではパス多すぎるため、の【パス】からの【パスの簡略化】をクリックして点の数を減らします。

パスの点は減りましたが、不要なパスの削除などのノードツールを使ってパスの調整を行います。

メニューバーから、の【オブジェクト】を選択して、の【クリップ-クリップを設定】をクリックします。

以上で作業完了です。以下のようにパスの形で画像がトリミングされます。

編集部おすすめのInkscape(インクスケープ)書籍

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次