Microsoft Edge パスワード記憶/削除(管理)、保存されない時の設定方法

Microsoft Edgeでパスワード保存機能を利用して、次回以降パスワード入力の手間を省くことができます。
初期状態ではパスワードは記憶する設定になっていますが、利用には機能を有効にしてパスワードを記憶しておく必要があります。本記事ではMicrosoft Edgeで、パスワードが保存(記憶)機能の基本的な使い方について解説していきます。

目次

パスワード保存機能の有効・無効状態を確認する

Microsoft Edgeでパスワード保存機能を利用するには、機能が有効になっている必要がありますが、まずは機能に有効になっているか確認しましょう。

Microsoft Edgeを起動します。画面右上にあるの【…】アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から、の【設定】をクリックします。

設定画面が開いたら、左側メニューの中からの【プロファイル】を選択します。
右側の画面が切り替わるので、中断あたりにあるの【パスワード】を選択します。

【パスワードの保存を提案】ののスイッチがオン(有効)になってるか確認します。

機能が有効になっているにも関わらず、パスワードが保存されないときは、以下を確認ください。

保存(記憶)したパスワードを確認(表示)・編集・削除する方法

保存されたパスワードは一覧で確認したり編集・削除することが可能です。手順を解説していきます。

Microsoft Edgeを起動します。画面右上にあるの【…】アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から、の【設定】をクリックします。

設定画面が開いたら、左側メニューの中からの【プロファイル】を選択します。
右側の画面が切り替わるので、中断あたりにあるの【パスワード】を選択します。

パスワードを確認(表示)する

【保存されたパスワード】一覧画面から、パスワードを確認したいドメイン(URL)のの【パスワードの表示】アイコンをクリックします。

【Windows セキュリティ】の画面が表示されるので、にPINコードまたはパスワードを入力します。

パスワードを編集・削除する

【保存されたパスワード】一覧画面から、パスワードを確認したいドメイン(URL)のの【…】アイコンをクリックして、表示されたメニューから【編集】または【削除】をクリックします。

セキュリティの高いパスワードを作成(生成)する方法

Microsoft Edgeではパスワードジェネレーターを利用することで、セキュリティの高いパスワードを作成することが可能です。パスワードは自動保存されるため、パスワードを覚えておく必要もありません。

Microsoft Edgeを起動します。画面右上にあるの【…】アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から、の【設定】をクリックします。

設定画面が開いたら、左側メニューの中からの【プロファイル】を選択します。
右側の画面が切り替わるので、中断あたりにあるの【パスワード】を選択します。

【強力なパスワードを推奨する】ののスイッチがオン(有効)に切り替えます。

この機能はパスワードの同期(サインイン)とパスワードの保存機能が有効なっていないと、有効化できません。

以上で設定は完了です。次回よりパスワード設定時に、強力なパスワードが生成されるようになります。

パスワードが保存(記憶)されない時の対処方法

設定画面から【プロファイル】を選択し、中断あたりにある【パスワード】を選択します。【パスワードの保存を提案】のスイッチがオン(有効)になってるか確認します。

確認方法の詳細な手順はこちらを確認ください。

スイッチが有効の場合はオフ(無効)にし、ブラウザを再起動後、再度スイッチをオン(有効)に切り替えてみてください。

上記方法でも保存されない場合は、Microsoft Edge 終了時に、パスワードを削除する設定になっている可能性があるため、以下の方法で確認してみましょう。

Microsoft Edgeを起動します。画面右上にあるの【…】アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から、の【設定】をクリックします。

設定画面が開いたら、左側メニューの中からの【プライバシー、検索、サービス】を選択します。
右側の画面が切り替わるので、中断あたりにあるの【ブラウザを閉じるたびにクリアするデータを選択する】を選択します。

【パスワード】ののスイッチがオフ(無効)になっているか確認します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次