Microsoft Edge 翻訳機能の設定(オン・オフ)と使い方

Microsoft Edge は、外国語を日本語に翻訳する機能が搭載されています。ページ全体を翻訳する方法と選択したテキストのみを翻訳する方法の2通があります。本記事では Microsoft Edge の翻訳機能の使い方と設定方法などを解説していきます。

目次

Webページ全体を日本語に翻訳する

Microsoft Edgeを起動し、翻訳したいページ(外国語)を開き、アドレスバーの右側に表示されたの【翻訳】アイコン(翻訳オプションの表示ボタン)をクリックします。

【翻訳】アイコンが表示されず、翻訳ができないときはこちらの設定を確認してください。

翻訳オプション画面での「翻訳のターゲット言語」のプルダウンメニューから【日本語】を選択し、の【翻訳】ボタンをクリックします。

プルダウンメニューの既定値は、Microsoft Edgeに設定した言語となります。

ページ全体が日本語翻訳されます。

外国語のページを開いた際に「翻訳オプション」が自動的に表示される場合があります。

Webページの一部を日本語に翻訳する

Microsoft Edgeを起動し、翻訳したいページ(外国語)を開き、下記ののように翻訳したい範囲を指定します。(選択はマウスやキーボードで範囲指定選択をする必要があります。)

選択した部分にカーソルを置いたまま右クリックすると、メニューが表示されるので、の【選択範囲を日本語に翻訳】を選択します。

選択したテキストの範囲が日本語に翻訳されます。

翻訳済みのWebページを元の言語に戻す

アドレスバーの右側に表示されたの【翻訳】アイコン(翻訳オプションの表示ボタン)をクリックします。

翻訳オプション画面での「元の言語で表示」ボタンをクリックすると元に戻ります。

翻訳機能のオン/オフを切り替える

Microsoft Edgeの画面右上にあるの【…】アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から、の【設定】をクリックします。

設定画面が開いたら、左側メニューの中からの【言語】を選択します。

右側の画面が切り替わるので、【自分が読み取ることのできない言語ページの翻訳を提案する】の欄にある、のスイッチをオンまたはオフの状態に切り替えます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次