【Adobe】期間限定SALE​​ 最大38%OFF!12/2(金)まで今すぐチェック

【Visual Studio Code × XAMPP】PHPの開発環境を構築する手順

本記事では「Visual Studio Code」と「XAMPP」でPHP開発環境を構築する方法について解説しています。

目次

「XAMPP」をインストールする

XAMPPはローカル環境でのWebアプリケーション開発に欠かせないソフトウェアの一括インストールが可能なパッケージです。
ダウンロード・インストール方法を、以下の記事にまとめていますのでご覧ください。

「Visual Studio Code」をインストールする

Visual Studio Codeは軽量で拡張機能が多く、日本語にも対応したコードエディタです。
ダウンロード・インストール方法(日本語化)を、以下の記事にまとめていますのでご覧ください。

拡張機能「PHP IntelliSense」をインストールする

Visual Studio Codeを起動し、以下の手順で検索窓から「PHP Intelephense」を検索してプラグインをインストールしましょう。

「PHP IntelliSense」の設定

PHP InteliphenseはとVisual Studio Codeの標準機能と重複する部分があるためコード保管が重複して表示されてしまいます。その為、Visual Studio Code側の機能を無効にする設定を行いましょう。

上部メニューバーの「ファイル」から「ユーザー設定」の「設定」をクリックします。

設定タブが開くので、右上にある設定ファイル(JSON)を開くアイコンのボタンをクリックします。

ファイルが開くので、以下の様にJSONファイルを追記して保存します。

{
    "php.validate.executablePath": "C:\\xampp\\php\\php.exe",
    "php.validate.enable": false,
    "php.suggest.basic": false,  
}

各設定値の内容

php.validate.executablePathコード検証で使用するPHPコマンドのパス
php.suggest.basic標準コード補完の【有効/無効】を切り替え
php.validate.enable標準コード検証機能の【有効/無効】を切り替え

以上で「PHP Intelephense」インストールを設定は完了です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次