メニュー
【IT活用術】パソコンが速く、軽くなる ! Windows最適化ツール Microsoft PC Manager導入方法・使い方を見る

Windows 10 ローカルグループポリシーエディターの開き方【起動方法・設定例】

Windows 10 で、グループポリシーの設定を確認・変更する際に、ローカルグループポリシーエディターを使用しますが、起動方法が分かりにくいため、本記事ではローカルグループポリシーエディターを開くための方法を解説するとともに、 設定の使い方などを解説しています。

ローカルグループポリシーは、Windows10 homeなどのホームエディションでは、基本使用できません。Windows10Pro/EnterpriseやWindowsServerなどで使用可能です。

目次

ローカルグループポリシーエディターの開き方・起動方法

コントロールパネルから起動する

タスクバーにある【スタート】ボタン(Windowsアイコン)右側にあるの検索ボックスを選び、「コントロール パネル」と入力します。 

検索結果の一覧から【コントロール パネル】を選択します。

コントロールパネルが開いたら、右上のの検索ボックスにて、【グループポリシー】と入力し、Enterキーを押します。検索結果から【グループポリシーの編集】をクリックします。

ファイル名を指定して実行( Win + R )で起動する

【 Windows + R 】キーを押し、【ファイル名を指定して実行】を開き、の名前に【 gpedit.msc 】と入力して、【 OK 】ボタンをクリックします。

検索ボックス( Win + S )から起動する

Windows + S 】キーを押し、の検索ボックスに【 gpedit.msc 】または【グループポリシー】と入力します。

検索結果に表示された【グループポリシーの編集】をクリックして起動します。

エクスプローラー( Win + E )のアドレスバーから起動する

【Windows + E】キーを押し、エクスプローラーを起動します。
エクスプローラーののアドレスバーに【 gpedit.msc 】と入力してEnterキーを押します。

PowerShell / コマンドプロンプト( Windows + X )から起動する

【Windows + X】キー押し、クイックアクセスメニューを開き、【 Windows PowerShell 】を起動します。
【 gpedit.msc 】と入力してEnterキーを押します。

ローカルグループポリシーの構成

ローカルグループポリシーは以下の2つで構成されています。

コンピューターの構成ユーザーの構成
コンピュータの起動時に適用されるポリシーを設定します。ユーザーがログオンしたときに適用されるポリシーを設定します。

ポリシーが反映されない場合は、コンピュータポリシーなのかユーザポリシーなのか、適用される条件がコンピュータが認識された時、またはユーザが認識された時であるという違いを理解しておきましょう。

ローカルグループポリシーの設定方法

ローカルグループポリシーエディターでは、コンピューターのセキュリティを向上させたり、機能制限するなどが可能です。ローカルグループポリシーの設定例を見ていきましょう。

【設定例】コントロールパネルとPC設定へのアクセスを禁止する方法

の【コントロールパネルとPC設定へのアクセスを禁止する】の項目をダブルクリックします。

【有効】を選択し、【OK】ボタンまたは【適用】ボタンをクリックします。

【設定例】WindowsUpdateの自動更新を無効化する

【コンピュータの構成】→【管理用テンプレート】→【Windowsコンポーネント】にあるの【Windows Update】の項目をダブルクリックします。

【無効】を選択し、【OK】ボタンまたは【適用】ボタンをクリックします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次