メニュー
【IT活用術】パソコンが速く、軽くなる ! Windows最適化ツール Microsoft PC Manager導入方法・使い方を見る

Windows 11への無償アップグレード【 完全ガイド 】

Windows 11は、Windows 10 のユーザーを対象に、無償でアップグレード可能となっているのはご存知でしょうか? Windows10 では条件を満たしていれば、Windows 11 へ無償アップグレードが可能です。本記事では、Windows 11への無償アップグレードに関する方法や条件・注意事項などについて解説しています。

目次

Windows 11への無償アップグレードとは?

Windows 11への無償アップグレードは、一部の条件を満たすWindows 10ユーザーに対して提供されるサービスです。これにより、アップグレード後のWindows 11では、スタートメニューの中央配置やマイクロソフトストアの改良などの新機能が利用できるようになります。

ドライバ等の互換性問題でシステムが不安定になる可能性もあるため、メリットとデメリットを考慮してアップグレードの判断を行うことをおすすめします。

アップグレード対象となる条件

無償アップグレードを利用するためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  1. 互換性
    64ビットのプロセッサー、4GB以上のRAM、TPM 2.0が搭載されている必要があります。
  2. Windows 10 のライセンス
    Windows 10の正規ライセンスを持っている必要があります。
  3. Windows Update の有効化
    Windows Updateが有効になっている必要があります。
    最新の更新プログラムが適用されているかを確認しましょう。

事前に、Windows PC 正常制チェックアプリで、自分のPCがWindows 11の推奨スペックを満たしているか確認することをおすすめします。

PC 正常性チェックアプリの使い方

Windows のタスクバーの検索を使用して「PC 正常性チェック」を検索し、結果の一覧からPC 正常性チェック選択します。  

PC 正常性チェックがインストールされていない場合は、下記よりアプリをダウンロードしてインストールを行います。

PC 正常性チェックを起動したら、今すぐチェックを選択します。 
PC 正常性チェックにより、利用中のデバイスが適格である、またはそうではない理由と、デバイスが要件を満たさない場合に行えることに関する情報が表示されます。 

※ IDを指定してください。

Windows 11 へのアップグレード手順

無償アップグレードを行う手順は以下となります。

STEP
Windows Updateを確認

「設定」アプリケーションを開き、[更新とセキュリティ] > [Windows Update]に進み、最新の更新があるか確認します。

STEP
アップグレードの用意ができたら通知

アップグレードの準備が整った段階で、Microsoftが通知を行います。通知を受けたら、指示に従ってアップグレードの作業を進めましょう。

STEP
アップグレード開始

通知を受けた後、アップグレードプロセスを開始します。途中でデバイスの再起動が必要になることがあります。

STEP
セットアップ完了

アップグレードが完了したら、初回セットアップ画面が表示されます。ここで基本設定を行い、新しいWindows 11の利用を始めることができます。

注意事項

  • アップグレードの前にはデータをバックアップしておきましょう。
  • アップグレードは時間を要する場合があるため、十分な時間を確保した上で行いましょう。

まとま

Windows 11への無償アップグレードは、アップグレード前にシステムの互換性を確認し、必要な手順を踏むことが重要となります。Microsoftの公式サポートやコミュニティを利用や、バックアップなど準備を行った上で、移行作業を行いましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次