メニュー
【IT活用術】パソコンが速く、軽くなる ! Windows最適化ツール Microsoft PC Manager導入方法・使い方を見る

Windows10 ユーザーアカウントの追加・削除・変更方法【設定・使い方】

本記事では、Windows10 ユーザーアカウント(ローカルアカウント)の追加・削除・変更方法について解説してます。

ユーザーアカウントの追加・削除・変更をする場合は管理者アカウントでの操作が必要です。

目次

ユーザーアカウントを追加する方法

【 スタート 】ボタンをクリックし、スタートメニューの【 歯車 】アイコンをクリックします。

Windowsの設定画面が表示されるので、【アカウント】をクリックします。

サインインしているアカウントが「管理者」であることをで確認します。

管理者でない場合はアカウントの追加ができないため、管理者アカウントでサインインするか、現在のユーザーアカウントの種類を管理者へ変更しましょう。
ユーザーアカウントの種類を変更する方法

画面左側のメニューから【 家族とその他のユーザー 】をクリックし、次に画面右側から【 その他のユーザーをこの PC に追加 】をクリックします。

【 Microsoftアカウント 】のサインイン画面が表示されるので、【 このユーザーのサインイン情報がありません 】をクリックします。

ローカルアカウントを作成するため、の【 Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する 】をクリックします。

PC のユーザー(ローカルアカウント)を作成するために必要なユーザー名とパスワードをに入力します。

ユーザー名とパスワードを入力すると、【 パスワードを忘れた場合 】のセキュリティの質問欄が表示されるので、質問を選択して答えを入力します。3つ入力し終えたら、【 次へ 】をクリックします。

【他のユーザー】欄に新しいローカルアカウントが追加されました。

以上でユーザーアカウント(ローカルアカウント)の追加は完了です。

ユーザーアカウントを削除する方法

【 スタート 】ボタンをクリックし、スタートメニューの【 歯車 】アイコンをクリックします。

Windowsの設定画面が表示されるので、【アカウント】をクリックします。

サインインしているアカウントが「管理者」であることをで確認します。

管理者でない場合はアカウントの追加ができないため、管理者アカウントでサインインするか、現在のユーザーアカウントの種類を管理者へ変更しましょう。
ユーザーアカウントの種類を変更する方法

画面左側のメニューから【 家族とその他のユーザー 】をクリックし、次に画面右側からの削除したいアカウントをクリックします。

【 削除 】ボタンが表示されるので【 削除 】をクリックします。

【 アカウントとデータを削除しますか? 】という画面が表示されるので、問題なければ、の【アカウントとデータの削除 】をクリックしましょう。

ユーザーのアカウントを削除すると、デスクトップ項目、ファイルなどのデータが PC からすべて削除されます。バックアップまたは別の場所に保存されていない場合、データは失われますので、注意が必要です。

【他のユーザー】欄にローカルアカウントが削除されました。

以上でユーザーアカウント(ローカルアカウント)の削除は完了です。

ユーザーアカウントの種類を変更する方法

【 スタート 】ボタンをクリックし、スタートメニューの【 歯車 】アイコンをクリックします。

Windowsの設定画面が表示されるので、【アカウント】をクリックします。

サインインしているアカウントが「管理者」であることをで確認します。

管理者でない場合はアカウントの追加ができないため、管理者アカウントでサインインするか、現在のユーザーアカウントの種類を管理者へ変更しましょう。

画面左側のメニューから【 家族とその他のユーザー 】をクリックし、次に画面右側から【 アカウントの種類の変更 】をクリックします。

【 アカウントの種類の変更 】画面が表示されるので、【 アカウントの種類 】をクリックし、[ 管理者 ] または [ 標準ユーザー ] を選択し、の【 OK 】ボタンをクリックします。

標準ユーザー管理者
アプリのインストールや設定の変更が制限されています。 管理者のパスワードを知っている場合は、入力して操作することが可能です。他のユーザーやこの PC のセキュリティに影響をしないシステム設定項目を変更できます。
すべての操作を行え、PC全体を管理できます。 Windows 10 をインストールした際に作成したアカウントとなります。PC に保存されていいるすべてのファイルとプログラムにアクセスすることができます。
標準ユーザーと管理者の違い

以上でユーザーアカウント(ローカルアカウント)の種類の変更は完了です。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次