windows10 スタートアップの場所・追加・設定方法

Windows起動時に自動的にアプリを起動したい場合はスタートアップフォルダにアプリのショートカットを追加(登録)することで実現が可能です。しかし、追加する方法が分からない場合も多いようです。
そこで、本記事では Windows10のスタートアップフォルダの場所、スタートアップフォルダにアプリを追加(登録)する方法やその他設定方法について解説してきます。

目次

Windows10のスタートアップフォルダの場所

Windows10のスタートアップフォルダの隠しフォルダ内にあるため、通常の操作では見つけるのが困難です。ここでは、そのスタートアップフォルダに簡単にアクセスする方法を紹介します。

シェルコマンドで開く方法

画面左下の【スタート】アイコンを右クリックして【エクスプローラー】をクリックします。

エクスプローラーのアドレスバーに【 shell:startup 】と入力し、Enterキーを押すとスタートアップフォルダが開きます。

【ファイル名を指定して実行】で開く方法

Windowsキー+Rキーで【ファイル名を指定して実行】の画面を表示します。
【 shell:startup 】と入力して【OK】ボタンをクリックするとスタートアップフォルダが開きます。

スタートアップフォルダの追加方法

上記で紹介している方法でスタートアップフォルダを開きます。
Windowsの起動時に立ち上げたいアプリのショートカットを開いたフォルダに追加(登録)します。

スタートアップフォルダには、アプリだけでなく画像や文章のファイルなどの登録も可能です。また、スタートアップフォルダにはファイルを直接配置せず、必ずショートカットファイルを配置しましょう。ファイルの場合、データが書き換わったり、プログラムやアプリの場合、誤作動を起こす場合があります。

スタートアップを無効化する方法

Windowsの起動時に立ち上がるアプリやファイルを無効化したい場合は、Ctrlキー+Altキー+Deleteキーを同時に押して、【タスク マネージャー】を起動後、タブから【スタートアップ】に切り替えます。
無効化したいアプリやファイルの上で右クリックし、表されたメニューから【無効化】を選択します。

スタートアップフォルダに登録したアプリが不要になった場合は削除して問題ありませんが、一時的に無効化したい場合などは、タスクマネージャーのメニューから無効化する方が有効と言えます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次