【Adobe】期間限定SALE​​ 最大38%OFF!12/2(金)まで今すぐチェック

Windows10 ダークモードの有効/解除の切替方法【省電力・眼の負担軽減】

最近、パソコン・スマホの新機能として目に優しいと言われている「ダークモード」について、本記事ではその意味やWindows10での設定方法(解除方法)を解説しています。

目次

ダークモードとは

ダークモードとは、初期設定の白を基調としたインターフェースの配色を、黒基調の画面にする変更する機能です。
白基調の明るい画面と比べると目にも優しく、消費電力を抑えられるなどのメリットもあると言われています。

Windows10のダークモード

Windows10では以前から、一部のアプリだけをダークモードにする設定が存在していましたが、「May 2019 Update」アップデートから実装され、設定画面から切り替えることが出来きるようになりました。この「May 2019 Update」ではインターフェース全体が黒基調に変化するようになりました。

ダークモードへの切替・解除方法手順

Windows10のスタートメニューやタスクバー、アプリ等を【白】または【黒】に変更する方法について説明します。

デスクトップ画面上で右クリックをして、コンテキストメニューを表示します。
表示されたコンテキストメニューの下部にある【個人用設定】をクリックします。

以下の設定画面が表示されるので、左メニューから【色】を選択し、右側に表示された画面の【色を選択する】をクリックして【ダーク】を選択します。

以上で完了です。操作していた設定画面や、タスクバーの色が以下のように黒基調に変わります。

初期設定の白基調に戻す場合は、同様の操作で【ライト】を選択しましょう。

設定を行っても変更されないアプリもありますので、各アプリの設定を確認してみましょう。
アプリによっては、個別に背景色が指定できるようになっている場合があります。

「カスタム」を選択した場合は、既定のWindowsモード(タスクバーやスタートメニューなど)、既定のアプリモード(Windowsの標準アプリやエクスプローラーなど)を【ライト】【ダーク】で異なる設定することができます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次