Windows10 ファイルの拡張子を表示する方法

本記事ではWindows10にてファイルの拡張子を表示させる方法を解説しています。
Windows10のデフォルト設定では拡張子は表示されないようになっていますが、簡単に表示・非表示の設定を変更すること可能です。
ファイル(拡張子)の種類を確認したり、拡張子を変更したりする際に便利ですので、是非変更しておきましょう。

目次

ファイルの拡張子とは

Windowsのファイル名はピリオドで区切られた2種も文字列で構成されています。前半はファイルの名前で、後半はファイルの種類を定義するための3~4 文字(.+3~4文字)となり、拡張子と呼ばれています。
この拡張子によって、ファイルがどのアプリケーションによって生成されたものかを判断できます。

ファイルの拡張子を表示する手順

Windows10のデスクトップのタスクバー(通常は画面下部)から【エクスプローラ―】アイコンをクリックして開きます。

エクスプローラ―のウィンドウが表示されるので、左上にある❶の【表示】タブをクリックします。
サブメニューが表示されるので、❷の【ファイル名拡張子】の項目にチェックを入れます。

以上でファイル名が拡張子付きのファイル名で表示されるようになります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次