Windows10 隠しファイル(フォルダ)を表示する方法

本記事ではWindows10にて隠しファイル(フォルダ)を表示させる方法を解説しています。
Windowsでは一部のファイルやフォルダがエクスプローラー上で見えないように設定されています。
これらのファイル(フォルダ)を使用する場合もあるため、Windowsでは表示設定を変更することができます。

目次

ファイルやフォルダが隠れている理由

ファイル(フォルダ)が何故隠れているのか、それはユーザーが重要なファイル(フォルダ)を誤って消してしまわないようになっているためです。誤って削除してしまった場合は、アプリケーションやWindowsのが正常に動作しなくなる恐れがあります。最悪の場合はパソコンが起動できないといったこともなりかねないため注意しましょう。

その為、隠しファイル(フォルダ)の操作を行った後は、誤ってフォルダやファイルを削除してしまわないように、非表示設定に必ず戻すようにしておきましょう。

隠しファイル(フォルダ)を表示する手順

Windows10のデスクトップのタスクバー(通常は画面下部)から【エクスプローラ―】アイコンをクリックして開きます。

エクスプローラーのウィンドウが表示されるので、左上にある❶の【表示】タブをクリックします。
サブメニューが表示されるので、❷の【隠しファイル】の項目にチェックを入れます。

以上で隠しフォルダや隠しファイルが表示されるようになります。

フォルダーオプションによる設定変更方法

上記で紹介した方法以外でもフォルダーオプションの設定画面からも変更が可能です。具体的な手順は以下となります。

エクスプローラーのウィンドウが表示されるので、左上にある❶の【表示】タブをクリックします。
サブメニューが表示されるので、❷の【オプション】をクリックします。

フォルダーオプション画面が表示されるので、 左上にある❶の【表示】タブをクリックします。
詳細設定エリアで❷を少しスクロールすると「隠しファイル、隠しフォルダー、隠しドライブを表示する」という項目があるので、選択して●が付く状態にします。
最後に【適用】ボタンをクリックすれば設定が適用されます。

フォルダーオプション画面

【OK】ボタンをクリックしてフォルダーオプション画面を閉じましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次