【Adobe】期間限定SALE​​ 最大38%OFF!12/2(金)まで今すぐチェック

Windows 10の「ペイント3D」で写真の人物等の切り抜き方法

Windows10に標準インストールされている「ペイント3D」アプリを使うことで、写真の人物等を簡単に切り抜くことが可能です。
本記事では「ペイント3D」を利用した写真の切り抜き方法について解説しています。

目次

Windows10「ペイント3D」で人物を切り抜く手順

ペイント3Dを起動して、画面左上にあるメニューより対象となる画像(写真)を開きます。

ペイント3D「メニュー」

対象の画像を右クリックして「ペイント3Dで編集する」ボタンをクリックでも開けます。

右クリックして「ペイント3Dで編集する」ボタンをクリック

ペイント3Dで画像を開いたら【マジック】をクリックします。

ペイント3D「マジック選択」

切り抜き対象を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

ペイント3D「マジック選択」

対象物が切り抜かれた形で選択された状態になります。
対象物が綺麗に切り取られていなければ❶の【追加】【削除】ツールで補正します。
切り抜きのアウンラインの形状が問題なければ❷の【完了】ボタンをクリックします。

ペイント3D「マジック選択」

指定した部分が切り抜かれた状態となり、背景と分離した状態になり、移動したり、コピーして貼り付けることが可能となります。

ペイント3D「マジック選択」

対象物の背景が複雑なものや、対象物の背景が同色などの場合は細かな処理が必要とされ、切り抜きが難しいかもしれませんが、単純な切り抜き程度であれば、十分に利用できると言えます。

是非、活用してみてください。

本記事の開設で利用した画像はO-DANサイトを通して取得したフリー画像を利用しています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次