【Adobe】期間限定SALE​​ 最大38%OFF!12/2(金)まで今すぐチェック

Windows10 天気アプリの地域を変更する方法

本記事ではWindows10の「天気アプリ」において、表示する地域を変更する設定方法を解説しています。
天気アプリは位置情報を許可する設定することで、現在地の1週間分の天気を確認することができる機能で、Windows10の標準機能と1つです。

目次

「天気」アプリのを起動する

Windowsのタスクバーにある❶の検索バーにて「天気」と入力し、❷の「天気」をクリックします。
※スタートメニューから「天気」アプリを探してクリックしても起動できます。

「天気」アプリを始めて起動したときは「天気が詳しい位置情報にアクセスすることを許可しますか?」の画面が表示されます。

「天気」アプリの地域の変更方法手順

表示する地域を変更する手順

「天気」アプリの地域を変更したい場合は、検索ボックスに目的の地域を入力し、表示された候補をクリックします。

以上に表示が切り替わります。

初期表示時の地域を変更する手順(地域固定)

❶の【設定】ボタンをクリックして表示された画面の「地域設定」項目にて、❷の「スタートページに設定された」場所を選択後、❸の検索バーから表示したい地域を検索して、候補をクリックします。

以上で、初期表示の地域が変更されます。

初期表示時の地域を変更する手順(現在地検出)

❶の【設定】ボタンをクリックして表示された画面の「地域設定」項目にて、❷の「常に現在地を検出する」を選択します。

天気の位置情報サービスがオフになっている場合

設定の変更時などに以下のように「天気の位置情報サービスがオフのです」と表示される場合は、「設定」ボタンをクリックします。

位置情報の設定画面が表示されるので、「このデバイスの位置情報へのアクセスを許可する」の設定が「このデバイスの位置情報はオフになっています」となっているので、その下の【変更】ボタンをクリックします。

クリックすると「このデバイスの位置情報へのアクセス」というダイアログ画面が表示されるので、【スイッチボタン】をクリックして「オン」にします。

次に、「アプリが位置情報にアクセスできるようにする」の【スイッチボタン】が「オフ」になっている場合は「オン」にします。

次に、少し下にスクロールしたところにあるアプリ毎の設定項目にて「天気」アプリがあるので「オン」にします。

以上で設定は完了です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次