【Adobe】期間限定SALE​​ 最大38%OFF!12/2(金)まで今すぐチェック

【XAMPP】MySQL(phpMyadmin)でデータベースを作成する方法

本記事ではXAMPPでphpMyadminを使い、MySQLのデータベースを作成する方法について、テーブルを作成する手順から、初心者でもわかりやすく解説しています。MySQLでのデータベース作成はphpMyadminを使うことで簡単にできますので是非挑戦してみましょう。

目次

MySQLを起動する

XAMPPのコントロールパネルを起動し、「Apache」と「MySQL」の【Start】ボタンをクリックして「MySQL」を起動します。

正常に稼働している場合は下記画面のように、「Apache」と「MySQL」が緑色になり「PID(s)」と「Port(s)」に数字が表示されます。

phpMyAdminでMySQLに接続する

初心者でも簡単なphpMyAdminを使った操作方法で解説していきます。

XAMPPのコントロールパネルで、「MySQL」の右にある【Admin】ボタンをクリックすると、phpMyAdminの画面が表示されます。

ブラウザに直接URLを入力することで、phpMyAdminの画面を開くことができます。
http://localhost/phpmyadmin/index.php

phpMyAdminでデータベースを作成する

画面上部のメニューから【データベース】をクリックし、データベースの一覧画面を表示します。

データベースの一覧画面でデータベースを作成するの下部にあるテキストボックスに作成したいデータベース名を入力し、右にある【作成】ボタンをクリックします。

データベース名を「test」で作成した場合、以下の画面の様に追加されます。

以上でデータベースの作成は完了です。

テーブルの作成

前工程で作成したデータベースの中にテーブルを作ります。
データベースの一覧から作成したデータベース名をクリックします。

選択したデータベースの一覧画面が表示されますが、作成したばかりのためテーブルは存在しません。

「新しいテーブルを作成」の下部にあるテキストボックスに作成したいテーブル名とカラム数を入力し、右にある【作成】ボタンをクリックします。

カラム数とは列のことを意味し、テーブルの項目数を表しています。

テーブルが作成され、カラムを設定する画面に遷移します。
カラムを4つにした場合は、以下の様に4つの項目を設定する画面になります。

今回はカラムを4つとしているため、4つの項目を設定していきます。
ここでは例としてカラムの名前とタイプを「id(INT)」、「first_name(VARCHAR)」、「last_name(VARCHAR)」、「birth(DATE)」として入力します。

入力が完了したら、最後に【保存】ボタンをクリックします。

以下の様にデータベース「test」の中に4つカラムが入ったテーブルが作成されます。

以上でテーブルの作成は完了です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次