Microsoft Edge 広告ブロックとポップアップブロックの設定方法

Microsoft Edge でも他のWebブラウザと同様に迷惑な広告を目にすことがあり、表示のされ方によっては、煩わしいと感じたこともあると思います。本記事ではそんな方の為に Microsoft Edge で広告をブロックする方法について解説していきます。

目次

迷惑広告をブロックする方法

この方法は Microsoft Edge の標準機能で押し付けがましい広告や誤解を招く広告を表示するサイトの広告をブロックすることができます。※この設定は初期状態ではオンの状態です。

Microsoft Edgeの画面右上にあるの【…】アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から、の【設定】をクリックします。

設定画面が開いたら、左側メニューの中からの【Cookieとサイトのアクセスを許可】を選択します。
右側の画面が切り替わるので、中断あたりにあるの【広告】を選択します。

の【押し付けがましい広告や誤解を招く広告を表示するサイトでは、広告をブロックする (推奨)】のオン・オフを切り替えるて広告のブロックを制御することが可能です。
また、のエリアで広告をブロックするサイトと許可するサイトを個別に設定することも可能です。

ポップアップ広告をブロックする方法

ポップアップ広告は、ブラウザの新規ウィンドウで開く広告で、 画面のほとんど占有したり、表示していたWebページを隠してしまい、煩わしい迷惑な広告のひとつですが、Microsoft Edge でポップアップ広告をブロックすることができます。※この設定は初期状態ではオンの状態です。

Microsoft Edgeの画面右上にあるの【…】アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から、の【設定】をクリックします。

設定画面が開いたら、左側メニューの中からの【Cookieとサイトのアクセスを許可】を選択します。
右側の画面が切り替わるので、中断あたりにあるの【ポップアップとリダイレクト】を選択します。

の【ブロック (推奨)】 のオン・オフを切り替えるてポップアップを制御することが可能です。
また、のエリアでポップアップをブロックするサイトと許可するサイトを個別に設定することも可能です。

ポップアップブロックを有効にしたにも関わらずポップアップが表示される場合、履歴データが原因である可能性がありますので、Microsoft Edge の閲覧履歴のデータ(キャッシュ)を削除してみましょう。
方法は以下の記事で解説していますので、是非参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次