Windows10「フォト」で動画を圧縮する方法

Windows10に標準インストールされている「フォト」アプリを使うことで、動画の容量を簡単に圧縮することが可能です。
本記事では「フォト」のビデオエディターを利用した動画圧縮について解説していきます。

動画の圧縮ができない場合の主な原因

目次

Windows10「フォト(ビデオエディター)」で動画を圧縮する手順

「フォト」アプリを起動します。
※左下の検索ボックスに「フォト」と入力すると、アプリアイコンが表示されるのでアイコンをクリックします。

画面右上にある【新しいビデオ】をクリックし、「新しいビデオ プロジェクト」を選択します。

画面中央に表示される「ビデオの名前を指定」エリアにて、名前(任意)を指定してOKを【選択】します。

【追加+】ボタンをクリックして圧縮したい動画を選択します。
※「フォト」アプリのプロジェクトライブラリにドラッグ&ドロップすることでも追加できます。

「フォト」アプリ上で動画を選択して、【ストーリーボードに配置】をクリックします。
※選択した動画をドラッグ&ドロップすることでも追加できます。

ストーリーボードへの配置が完了したら、【ビデオの完了】をクリックします。

画面中央に表示される「ビデオの完了」エリアにて「ビデオの画質」選び【エクスポート】ボタンをクリックします。
ここでは「低540p(最小ファイルサイズ)」を選択します。

圧縮ファイルの保存先(任意)とファイル名(任意)を決めて【エクスポート】ボタンをクリックします。

これで動画圧縮が完了しました。保存したファイルを確認してみましょう。

動画の圧縮ができない主な原因

動画のファイル形式の問題

動画圧縮しようとする際に、上記で紹介している方法では動画ファイルを読み込めないことがあります。
読み込めない主な原因は、動画ファイルが「フォト」アプリの対応の形式でない場合です。
「フォト」では、MP4 / MKV / MOV / WMV / AVI / M2TS といったファイルを読み込むことが可能ですが、FLV / F4V / VOB / TS / OGV / WebM / RMVB などは読み込むことができません。

そのため、対応していない動画ファイルを圧縮したい場合は、動画ファイルを対応形式に変換する必要があります。

パソコンスペック不足の問題

パソコンのCPUやメモリのなどのスペックを確認してみましょう。低スペックの場合、正常に処理できない場合があります。動画編集を行う場合はCPUはCore i5以上(相当)、メモリが8GB以上の環境が理想となります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次